zHeap:より優れた制御を提供するためのストレージエンジン
(EDBシニアデータベースアーキテクト、Amit Kapila)

EDB Postgres

Amit Kapila
Amit Kapila,
Senior Database Architect

ここ数年、PostgreSQLは、多くのコアシステムの機能、性能、スケーラビリティの点でかなり進歩してきました。 しかし、多くの企業が依然として不満を持っている問題の1つは、時間が経過するにつれてサイズが大きくなることです。これは一般に肥大化と呼ばれます。 私の同僚のRobert Haasは彼のブログの中でそのようなケースをいくつか議論しました。つまり、PostgreSQLのヒープが肥大化する傾向にあること、肥大化を回避するための解決策として「zHeap」と呼ばれるPostgreSQLの新しいストレージフォーマットにEnterpriseDB社が取り組んでいることに言及しました。 このブログ記事では、「zHeap」についてより詳細に説明し、いくつかの実証結果を開示いたします。

「zHeap:より優れた制御を提供するためのストレージエンジン
(EDBシニアデータベースアーキテクト、Amit Kapila)」の続きを読む…

DBMS of the Year 2017 おめでとう!(EDBチーフマーケティングオフィサー、Keith Alsheimer)

EDB Postgres

Keith Alsheimer, Chief Marketing Officer
Keith Alsheimer,
Chief Marketing Officer

PostgreSQLは長年に渡り使われてきたデータベースであり、その使いやすさ、包括的かつ直感的なドキュメンテーション、信頼性などが開発者やデータベース管理者に愛され続けてきました。 エンタープライズDBの者なら誰でも、PostgreSQL(Postgresとも呼ばれます)への関心は近年急速に拡大していると感じていますが、それは身びいきかもしれません。今回、客観的な第3者であるDB-Enginesが、2017年がPostgresへの関心の高まりを示す当たり年であったと発表しました。 そして、Postgresを「DBMS of the Year 2017」と認定しました。

「DBMS of the Year 2017 おめでとう!(EDBチーフマーケティングオフィサー、Keith Alsheimer)」の続きを読む…

VACUUM不要の新アプローチ「zHeap」
(EDBチーフアーキテクト、Robert Hass)

EDB Postgres

Robert Haas Vice President, Chief Architect, Database Server at EnterpriseDB
Robert Haas, Vice President,
Chief Architect, Databese Server

もしPostgreSQLでVACUUMの必要がまったくなくなったらどうでしょうか?これはなかなか想像し難いことのようです。結局のところ、PostgreSQLはマルチバージョン コンカレンシー コントロール(MVCC)を使用しています。従って複数の行バージョンを作成する場合、最終的に何らかの形で不要行バージョンを削除する必要があります。 PostgreSQLでは、VACUUMがそれを確実に実行しており、オートバキュームプロセスのおかげで、それが遅滞なく行われているわけです。とは言え、全てのリレーショナル・データベースが、同じ方法でMVCCを実現しているわけではないという事実からも明らかなように、他の方法を取ることも可能です。PostgreSQLが新しいアプローチを採用することで、大いに恩恵を得ることができる可能性もあるのです。実際、EnterpriseDBの私の同僚の多くは、新しいアプローチの実装に忙殺されております。今日は私たちが何をやっており、なぜそれをやっているのかについてお話ししたいと思います。

「VACUUM不要の新アプローチ「zHeap」
(EDBチーフアーキテクト、Robert Hass)」の続きを読む…

VACUUMの現状と展望(EDBチーフアーキテクト、Robert Hass)

EDB Postgres

Robert Haas Vice President, Chief Architect, Database Server at EnterpriseDB
Robert Haas, Vice President,
Chief Architect, Databese Server

この記事では、近年のVACUUMの改善の歴史、PostgreSQLにおけるVACUUMの現状、そして今後どのように改善されるのかを話したいと思います。

私が最初にPostgreSQLを使い始めた頃、オートバキュームは存在せず、手動のVACUUMを行う必要性も感じませんでした。しかし、数ヶ月過ぎた頃、なぜか私のデータベースがとても遅くなりました。 そこで、cronで6時間ごとにvacuumdbコマンドが実行されるようにスケジュールすることで対応しました。当時の私のニーズでは、そのレベル十分でした。データベースが小さく、限られた量のトラフィックしか処理しなかったからでしょう。

「VACUUMの現状と展望(EDBチーフアーキテクト、Robert Hass)」の続きを読む…