EDB Postgres Ark 3.0が正式リリースされました

EDB Postgres Ark 3.0

本発表の内容

この発表は、新バージョン EDB Postgres Ark 3.0の正式リリースのご案内です。
EDB Arkは、企業が独自のDBaaSをセットアップするための製品です。エンドユーザーは、EDB Postgres Advanced ServerまたはPostgreSQLデータベースを Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure といったパブリッククラウドや、OpenStack によるプライベートクラウド上に素早く、簡単に構築することができます。シングルインスタンス、高可用性、セキュアクラスタ、アプリケーション開発サンドボックスといった特長があります。

このリリースのハイライトは次のとおりです。

  • テンプレート – あらかじめ定義されたクラスタ構成でのクラスタ作成を簡素化し、ユーザーのリソースへのアクセスを制御
  • テンプレートオンリーユーザー – デプロイ、スケーリング、またはリストア時にテンプレートを指定し、特定の構成オプションのみを使用でき、使えるコンフィグレーション オプションが制限されているユーザー用の新たなユーザー属性
  • Postgres Enterprise Managerとの統合 – 詳細なクラスタ監視を容易にする
  • STIGハードニングイメージのサポート
  • 安全なデプロイメントのための追加サポート – プライベートIPアドレスのみを使用したプライベートネットワークへのクラスタのデプロイメントをサポートします(AWSにデプロイされたクラスタで利用可能)
  • 可用性ゾーンとサブネット選択 – Amazonホストにデプロイする場合の、クラスタの各ノードのオプション
  • Tomcatサポート(GlassFishのリプレース)

詳細情報

  • テンプレート – テンプレートは、リソースへのアクセスを制限するために使用できる事前定義されたクラスタ構成であり、クラスタ作成プロセスを簡素化します。 EDB Arkの管理者は、データベースエンジン、サーバークラス、VPC、ノード数、ストレージ割り当て、バックアップポリシー、スケーリングオプションなど、クラスタ設定のコレクションのテンプレートを定義できるようになりました。テンプレートを使用して、必要ない可能性があるラージサーバークラスなどの高価なサーバーリソースへのユーザーアクセスを制限することができます。また、クラスタを作成した後の動作を制限するためにも使用できます。たとえば、テンプレートには、今後エンドユーザーが追加のクラスタノードを作成できないようにするポリシーが含まれています。
  • テンプレートオンリーユーザー – テンプレートオンリーユーザーは、クラスタをデプロイするときにテンプレートを使用する必要があり、テンプレート定義で指定された制限に従わなければなりません。テンプレートオンリーユーザーは、クラスタまたはクラスタバックアップの作成、スケーリング、または削除時に事前定義されたクラスタ構成を使用しなければならず、クラスタの作成や拡張は現在のテナントで使用可能なテンプレートに存在するサーバークラスに制限されます。管理者は、テンプレートオンリーユーザーの属性を持つユーザーを定義し、特定のユーザーが使用できるテンプレートを制限できます。テンプレートを使用することで、管理者は環境内のリソース使用率でより多くの制御と整合性を得ることができます。 EDB Ark 3.0のAPIは、テンプレートの機能と管理をサポートするように更新されました。
  • Postgres Enterprise Manager(PEM)の統合 – PEMは、Postgresのデプロイメントのための完全な管理、監視、チューニングのソリューションです。 PEMサーバーは、プリインストールされ、デフォルトでArkイメージ上で使用できるようになりました。 PEMエージェントはクラスタノードにインストールされるため、管理者は詳細なアラートとダッシュボードを使用してPEMを通じてクラスタを監視できます。 Ark管理者は、Arkが自動的にPEMエージェントを登録または登録解除できるPEMサーバのプロパティを指定できます。新しいArkクラスタノードが作成されるたびに、PEMサーバーが構成されている場合は、PEMサーバーに自動的に登録されます。この場合、クラスタデータベースサーバとPEMエージェントは、Arkコンソール上のPEMサーバに自動登録され、クラスタノードを意図的に終了すると自動的に登録解除されます。 Arkクラスタノードが誤ってシャットダウンされると、PEMサーバーによってアラートが生成され、管理者に通知が送信され、迅速に対処できます。注記:3.0 Ark管理コンソールは、EDB Postgres Enterprise Managerバージョン7.3のプレリリース版とともに導入され、2018年6月にリリースされるPEM 7.3をサポートします。PEM 7.3リリース以前は、PEMサーバーはArkと連携可能ですが、クラスタは自動登録されません。
  • STIGハードニングイメージのサポート – これはSTIGハードニングを必要とするFedRAMP DOD環境でArkを運用しているユーザーにとって便利です。
  • Tomcatのサポート – Tomcat はWebアプリケーションサーバーとして Glassfish をリプレースします。

Amazon Web Services にデプロイされたクラスタで利用可能な追加機能:

  • 可用性ゾーンとサブネット選択 – クラスタの各ノードのオプションは、Amazonホストにデプロイする際に拡張されました。ユーザーは、各クラスタノードごとに特定の可用性ゾーンとサブネットを選択するか、新しい可用性ゾーンまたは新しいサブネットを使用するように指定するか、システムで両方を選択できるようにすることができます。これらの柔軟なオプションは、最も可能性の高いデプロイメントシナリオをカバーし、ユーザーの既存のデプロイメントパターンをサポートできます。
  • 安全なデプロイメントのための追加サポート – Arkは、新しいプライベートIPアドレス機能(AWSにデプロイされたクラスタで使用可能)を使用して、プライベートIPアドレスのみを使用してプライベートネットワークにクラスタをデプロイすることをサポートします。有効にすると、プライベートIPアドレスだけがプライベートネットワークにArkクラスタを作成できます。 ArkコンソールはプライベートIPアドレスを持つプライベートサブネットにもデプロイできます。これにより、アーキテクチャの高度なセキュリティ制御要件を満たし、Arkを含む環境に安全な境界を設定することができます。

対象者

この発表は、下記のEDBカスタマーのためのものです。

a)現在、EDB Postgres Standard EditionまたはEDB Postgres Enterprise Edition用にEDB Ark Serverのライセンスが含まれたデータベースサブスクリプションを購入している

b)EDB Postgresデータベースのサブスクリプションは購入していないが、PostgreSQLのArk Runtimeを購入して、使用しているコア数のArkライセンスを取得している

ソフトウェアの入手方法

EDB Arkを使用するには、セールスオーダーを実行する必要があります。
詳細については、下記URLからお問い合わせください。
https://www.enterprisedb.com/ja/node/75709

ダウンロードについては、下記URLをご覧ください。
https://www.enterprisedb.com/advanced-downloads#EDBPostgresArk

詳細については、下記リリースノートを参照してください。
https://get.enterprisedb.com/docs/EDB_Ark_Release_Notes_v3.0.pdf

トラブルシューティング

新しいソフトウェアのインストールで問題が発生した場合は、下記テクニカルサポートにご連絡ください。

Email:support@enterprisedb.com
米国:+ 1-732-331-1320 または 1-800-235-5891
英国:+ 44-2033719820
ブラジル:+ 55-2139581371
インド:+ 91-20-66449612