pgAdmin4のスキーマ差分ツールを最大限に活用する方法

2021年9月6日 作者:Akshay Joshi

pgAdminで4におけるスキーマ差分ツールは、 2つのデータベースまたは2つのスキーマ間でオブジェクトを比較することができます。これにより、2つのスキーマ/データベース間で、テーブル、ビュー、関数、シーケンス、パッケージ、プロシージャ、およびその他のデータベースオブジェクトを比較できます。プロシージャ、テーブル、トリガー、列、インデックス、制約の欠落や不一致など、スキーマ間の不一致が報告されます。また、データ型、null可能性、デフォルトなどの列の不一致も検出します。

PostgreSQLサーバーとEDBPostgres AdvancedServerのデータベーススキーマを比較および同期する際の時間と労力を節約します。

スキーマ差分ツールを使用すると、次のことができます。

  • データベースオブジェクトを比較および同期します(ソースからターゲットへ)。
  • データベースオブジェクト間の違いを視覚化します。
  • ターゲットデータベースオブジェクトのSQLステートメントの違いを一覧表示します。
  • 同期スクリプトを生成します。

...続きをオリジナルブログで読む >>
※ 記事の続きは The EDB Blog のオリジナルブログをご覧ください。記事最下部の自動翻訳機能を使えば日本語でお読みいただけます。