米国エネルギー会社、OracleとSQL Serverの移行によるPostgreSQLと仮想化でデータインフラを活性化

企業は、ハードウェアの更新や新たな仮想化戦略を計画する際に、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)を再評価する機会を定期的に設けている。EnterpriseDB®️(EDB™️)のお客様である米国中西部のエネルギー・ユーティリティ企業の事例は、インフラ・プロジェクトがどのように新しいDBMSの決定につながるかを教えてくれる。

...続きをオリジナルブログで読む >>
※ 記事の続きは The EDB Blog をご覧ください。記事最下部の言語選択メニューで日本語訳でも英語原文でもお読みいただけます。