MENU

お知らせ(2024年2月19日更新)

目次リンク


【見逃し配信】db tech showcase 2023:3つのEDBセッションのご案内

【db tech showcase 2023】
 
12月6日から8日にかけて東京で開催された国内最大規模のデータとデータベース関連のカンファレンス db tech showcase で、EDBは下記の3つのセッションを提供いたしました。その見逃し配信(アーカイブ配信)が2024年1月18日より開始されました。無料参加登録で、2月末までご覧いただけます。
▶無料参加登録はこちら
 
 
① EDBで実現するマルチクラウド時代のデータベース構築・運用とトレンド
 
番号:C5 エンタープライズDB
日時:2023年12月6日(水)14:00-14:45
概要:DX実現のため基盤のマルチクラウド化が進む今日。多様化するインフラ環境に適応したデータベースの在り方も複雑化しています。開発工数の負荷を軽減しつつも必要なセキュリティ要件を満たし、堅牢なデータベースを構築するにはどのように選定し、設計すべきなのでしょうか? エンタープライズDB(以下EDB)は長年Postgres の専業ベンダーとしてエンタープライズレベルのデータベース運用・構築、移行に関するサービスを提供、データベース・ベンダーならではの細かいニーズを製品やサービスにも反映してきました。本セッションではEDBが提供する各種セキュリティ設計やデータローディングの連携機能、パフォーマンス拡張等をはじめ、DB運用負荷の軽減機能、高可用性データベース関連ツール群、移行を多面的に支援するサービスやツール群など今後のデータベース構築・運用の在り方をご紹介します。
▶無料参加登録はこちら

エンタープライズDB株式会社
執行役員 サービス事業部長
高鶴 勝治

② EDB Postgres for Kubernetes Replica Cluster の必要性
 
番号:C6 エンタープライズDB
日時:2023年12月6日(水)15:00-15:45
概要:重要な業務を担うデータベースにおける耐障害性構成・災害対策・バックアップの要件は、いかなる環境においても満たす必要があります。加えて、開発生産性の向上および自動化や運用の統一を目的として、パッケージングされた動的な環境を実現するコンテナ化およびマルチクラウド化などの新たな要望が増えています。これらの要件と要望および潮流をおさらいし、適合する EDB Postgres for Kubernetesでの Replica Clusterの実装における特徴と、考察を踏まえた検証結果を報告します。
▶無料参加登録はこちら

エンタープライズDB株式会社
執行役員 セールスエンジニアリ
ング本部長
村川 了
日本ヒューレット・パッカード
合同会社 HPE Services統括本部
製造・流通サービスデリバリー
第一本部 シニアコンサルタント
高橋 智雄 氏
日本ヒューレット・パッカード合同会社
サービスビジネス推進本部 ハイブリッドクラウドソリューション部
コンサルタント
諸橋 渉 氏

③ OSS DB への商用サポートの必要性と実際
 
番号:C14 エンタープライズDB
日時:2023年12月7日(木)15:00-15:45
概要:PostgreSQLに代表されるオープンソースデータベースは、基本的にだれでも自由に無料で使用でき、その用途にも制限はありません。しかしながら、データベースを利用するためには、その周辺コンポーネントを選定し、データベースと連動させる必要があります。これは、追加機能の実装、高可用ツール、バックアップと復元、スケーラビリティなど多岐に渡ります。PostgreSQL では、これらのコンポーネントはデータベース本体とは独立に提供されており、利用するには使用するすべてのコンポーネントに精通した技術リソースが必要となります。これら多くのコンポーネント横断的に個別の問題解決を行ってくれる商用のサポートを利用するのが実際的です。本講演では、EDBが提供している PostgreSQL 及びその周辺のコンポーネントへの商用サポートの概要とその実際、問題解決のアプローチについて解説いたします。
▶無料参加登録はこちら

エンタープライズDB株式会社
上級主席サポートエンジニア
鈴木 幸市

無料参加登録はこちら


【無料eBook】POSTGRES 高可用性の実力:3つの成功事例

eBook無料ダウンロード【eBook無料ダウンロード】
 
99.999%の高可用性を実現するPostgresの実力
 
エンタープライズDB(EDB)の顧客によれば、Postgresの利点としてハイレベルな高可用性が繰り返し指摘されています。
 
高可用性は、一貫したアップタイムを提供し、最も貴重な資産とミッションクリティカルなアプリケーションへの24時間365日のアクセスを提供するデータベースの条件であり、DB移行とインフラストラクチャのモダナイゼーションの主要な推進要因の1つです。
 
Postgresのハイレベルな高可用性を実現したEDBの顧客3社の成功事例をeBookでご紹介します。
 
主な内容
 
■ telegra社
ミッションクリティカルな電気通信データベースのレベルを引き上げ、ダウンタイムを減らしリソースを解放
■ ClickUp社
グローバルなプロジェクト管理ソフトウェアプロバイダーに一貫したアップタイムを保証し、顧客満足度を構築・強化
■ ATU社
Postgresでダウンタイムを最小限に抑え、大規模な変革プロジェクトでベンダーロックインを解消
eBook をダウンロードする

【無料eBook】データベース保護とイノベーションにはエンタープライズサポートが必要:3つの成功事例

eBook無料ダウンロード【eBook無料ダウンロード】
 
PostgreSQLが市場で最も好まれている高度なオープンソースデータベースであることはよく知られており、企業規模を問わず比類のないアジリティ、柔軟性、および高可用性に支えられて大きな成功を収めることができます。
 
しかしながら最高のデータベースでも、時に問題が発生する可能性があります。コミュニティのPostgreSQLを実行する非常に多くの企業がエンタープライズサポートのサービスを契約する理由です。このサービスがなければ、企業は大きな、そして不要なリスクを負うことになります。
 
本eBookでは、より強力で安全なPostgreSQLの運用を実現したEDBの顧客3社の成功事例をご紹介します。
 
主な内容
 
■ Fortuna Entertainment Group社
PostgreSQLおよびEDB Community 360 サポートによる常時稼働、安全で高度な拡張性
■ London & Partners社
クラウド移行時にマルチバージョンのPostgreSQLアップグレードを実行
■ AutoUncle社
EDB Community 360がサポートする PostgreSQLにより、スタートアップから 一気に業界の主力企業に
eBook をダウンロードする

【無料eBook】ORACLE から POSTGRES への移行でビジネスはどのように変化するのか:3つの成功事例

【eBook無料ダウンロード】
 
ベンダーロックイン、ライセンス、絶えず上昇するコストなどの制限により、OracleからのDB移行を進める企業が増えています。その移行先として非常に多くの人が目を向けているのがPostgresです。
 
柔軟性、可用性、アジリティ、安定したパフォーマンスに対する評価などにより、Postgresは従来の独自仕様のデータベース管理システム(DBMS)の制限に対する理想的なソリューションとしての地位を確立しています。
 
Postgresでどの様な変革が実現できるのでしょうか。本eBookでは過去のデータベースを移行し、インフラストラクチャを近代化し、Postgresの可能性を最大限に活用したEDBの顧客3社の成功事例をご紹介します。
 
主な内容
 
■ Metasphere社
EDBとPostgresがライセンスコストを削減、ユーザーエクスペリエンスを加速
■ MDS Global社
Postgresの効率性と柔軟性により、 アプリケーションのモダナイゼーションを強力に推進
■ ATU社
EDBの強力な支援で、Postgresがダウンタイム を最小限に抑え、大規模な変革プロジェクトで ベンダーロックインを解消
eBook をダウンロードする

【取材記事】PostgreSQLの主要コントリビューター「EDB」が語る、クラウドネイティブデータベースの現状


 
2023年9月にEDBのCRO(収益責任者)の Sean Dolan および CPEO(プロダクトエンジニアリング責任者)の Jozef de Vries が来日いたしました。ITエンジニア向け専門メディアである@ITの取材を受け、「PostgreSQLの主要コントリビューター『EDB』が語る、クラウドネイティブデータベースの現状」と題して記事掲載されました。
 
同記事では、「Kubernetes Operator」を活用した「Postgres As a Service」と99.999%の高可用性を実現するアドオン技術を中心に、EDBが推進するクラウドネイティブデータベースの現状と未来が掘り下げられております。
 
※記事の閲覧にはアイティメディア会員登録(無料)が必要となります
記事をみる

【講演記事】DX時代に乗り遅れない、モダナイゼーションに対応したオープンソースDBへの移行

EDB講演記事
 
2023年4月に日経クロステックが開催した「ITモダナイゼーションSummit Web Live 2023」にてEDBセールスエンジニアリングマネージャーの村川了が登壇し、「DX時代に乗り遅れない、モダナイゼーションに対応したオープンソースDBへの移行」と題する講演を行いました。
 
同講演内容をまとめたレビュー記事が公開されましたので、ご案内いたします。


講演概要
題名
DX時代に乗り遅れない、モダナイゼーションに対応したオープンソースDBへの移行
 
内容
データベースのレガシー脱却を考える企業が増えている。汎用性や可用性を考慮する選択肢として有力な移行先となるのが、オープンソースデータベースの「PostgreSQL」だ。エンタープライズDBは多様な移行ツール/サービスの提供を通じ、Oracle DatabaseやDB2 UDBからPostgreSQLへの移行を支援。連携するアプリケーションのつくり替えや、PostgreSQLのクラウド化などにも対応することで、企業のモダナイゼーションニーズに応えている。
 
講師
エンタープライズDB株式会社
セールスエンジニアリング本部長
村川 了(むらかわ りょう)
講演記事をみる

【事例紹介】JALグループが「PostgreSQL」ベースのDBMSを採用!重視した選定ポイントは?

【事例資料ダウンロード】
 
JALグループのIT運用の中核を担う JALインフォテックは、システム刷新計画に取り組む中、最先端技術の活用を踏まえて「PostgreSQL」をベースにした DBMS を選定しました。選定ポイントやプロセスを担当者に聞きました。
 
主な内容
・航空サービスを支えるシステムの課題
・新しいDBMSの選定ポイント
・なぜEDB製品を選んだのか
・導入の成果と今後の展望

事例資料をダウンロードする


【事例紹介】株式会社フィンズ、テレビ局の基幹システム「標準営放システム」のデータベースをEDBにリプレース

【事例紹介】
 
フジテレビ系列28社で構成するFNS(Fuji Network System)に対し、インフラとクラウドサービスを提供する株式会社フィンズは、データセンター移行を機にテレビ局の基幹システム「標準営放システム」のデータベースをEDBにリプレースしました。
 
ミッションクリティカルなシステムのデータベース移行先として求められたのは、サービスレベルを落とすことなくコストを大幅削減するという難題。これを実現したのは、高可用性機能をオールインワンで提供するEDBと、アシストの技術支援、そしてサポートサービスでした。
 
詳細はEDBパートナー、アシスト様の導入事例紹介をご覧下さい。
事例紹介を見る

【見逃し配信】Postgresを活用した安心・安全なデータ保護とは ~EPAS15の新機能~

※ 2023年3月15日に開催されたEDB主催ウェビナーの見逃し配信。視聴登録で即ウェビナーをご覧いただけます。

【見逃し配信】
 
2022年10月にPostgreSQL 15がリリースされた事を受け、EDBはEDB Postgres Advanced Server v15(以下EPAS 15)をローンチしました。
 
EPAS 15は、TDE(透過的データベース暗号化) や、高セキュリティ、Oracle互換新機能を追加し、最も安全なPostgres環境を実現します。PostgreSQL 15での新機能とEPAS 15の組み合わせにより一層、安全・安心なデータ保護の実現が可能になります。
 
本セッションではPostgrest 15とEPAS 15の新機能、またその組合せによるデータ保護についてご説明いたします。
 
スピーカー
エンタープライズDB株式会社
日本&韓国担当セールスエンジニアリングマネージャー
村川 了
ウェビナーを見る

【見逃し配信】脱・商用DBは怖くない! ~安心・確実なOSS DBへの移行とは~

※ 2023年2月28日に開催されたEDB主催ウェビナーの見逃し配信。視聴登録で即ウェビナーをご覧いただけます。

【見逃し配信】
 
近年のDXシフトに伴いクラウドネイティブな動きが進んでいます。さらに、Mainframeや商用Unix上での商用データベースもPostgreSQLへの移行が加速しています。
 
しかし、商用データベースからの移行は、OSSベースのツールだけでは難しく、移行コストが高額となり、移行自体を断念してきたケースが多いのも実情です。
 
本セッションでは、弊社のマイグレーション・ソリューションで実現するトータルコスト削減について事例を交えて詳細をご説明いたします。
 
スピーカー
エンタープライズDB株式会社
日本&韓国担当セールスエンジニアリングマネージャー
村川 了
ウェビナーを見る

【資料ダウンロード】短期、低負荷、低コストで商用DBからオープンソースDBに移行する方法 ~DBリプレースの新たな選択肢~

【資料ダウンロード】
 
データベース分野もオープンソースシフトの動きが活発化しています。大規模システムにも耐え得る性能を有しつつ、コストも抑えられる「PostgreSQL」ベースの DB に、「短期」「低負荷」「低コスト」で移行する方法をエンタープライズDBが分かりやすく解説します。
 
主な内容
・世界でPostgreSQLが支持されている最大の理由
・DB移行の加速を支えるEDBツール群 他

資料をダウンロードする


日本語マニュアル更新情報(要ユーザー登録)


 
※ 日本語マニュアルおよびeラーニングのご閲覧には ユーザー登録(パスワード)が必要です。
 
【更新情報】
EDB Postgres for Kubernetes 1.22.1」のマニュアルを追加いたしました。

① EDB Postgres for Kubernetes 1.22.1 のマニュアルを追加(2月19日)

EDB Postgres for Kubernetesオペレーターは、 CloudNativePGと共通の主な機能に基づくフォークです。EDB Postgres Advanced Serverを使用したOracleとの互換性、およびIBM PowerやOpenShiftなどの追加サポートされている機能を提供します。EDBによって設計、開発、およびサポートされ、ネイティブストリーミングレプリケーションを使用して、プライマリ/スタンバイアーキテクチャを備えた高可用性Postgresデータベースクラスターをカバーします。

② CloudNativePG 1.22.1 のマニュアルを追加(2月13日)

CloudNativePGは、プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されているサポートされている Kubernetesアーキテクチャクラスターで PostgreSQLアーキテクチャ ワークロードを管理するように設計されています。宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOpsの原則と概念に準拠しています。

③ Barman 3.10.0 のマニュアルを追加(2月6日)

Barman (Backup and Recovery Manager)は、Pythonで記述されたPostgreSQLサーバーのディザスターリカバリー用のオープンソース管理ツールです。これにより、組織はビジネスクリティカルな環境で複数のサーバーのリモートバックアップを実行して、リスクを軽減し、復旧フェーズ中にDBAを支援できます。

④ Patroni 3.2.2 のマニュアルを追加(1月30日)

Patroniは、Pythonを使用した高可用性(HA)PostgreSQLソリューションのテンプレートです。 アクセシビリティを最大限に高めるために、Patroniは ZooKeeper、etcd、Consul、Kubernetesなどのさまざまな分散構成ストアをサポートしています。

⑤ Migration Portal 4.7.1 のマニュアルを追加(1月22日)

Migration Portalは、OracleデータベーススキーマをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)プラットフォームへ移行するためのオンラインツールです。Oracleデータベーススキーマを評価および分析し、タイプ、テーブル、シーケンス、制約、トリガ、ビュー、ストアドプロシージャ、パッケージ、dblink、マテリアライズドビュー、インデックスなどを変換し、EPASと互換性のあるDDLを生成できます。

⑥ EDB Postgres for Kubernetes 1.22.0 のマニュアルを追加(1月15日)

EDB Postgres for Kubernetesオペレーターは、 CloudNativePGと共通の主な機能に基づくフォークです。EDB Postgres Advanced Serverを使用したOracleとの互換性、およびIBM PowerやOpenShiftなどの追加サポートされている機能を提供します。EDBによって設計、開発、およびサポートされ、ネイティブストリーミングレプリケーションを使用して、プライマリ/スタンバイアーキテクチャを備えた高可用性Postgresデータベースクラスターをカバーします。

⑦ CloudNativePG 1.22.0 のマニュアルを追加(1月8日)

CloudNativePGは、プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されているサポートされている Kubernetesアーキテクチャクラスターで PostgreSQLアーキテクチャ ワークロードを管理するように設計されています。宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOpsの原則と概念に準拠しています。

⑧ Trusted Postgres Architect(TPA)23.27.0 のマニュアルを追加(1月8日)

TPAは、Ansibleを使用してEDBの推奨に従ってPostgresクラスターをデプロイするオーケストレーションツールです。Postgresのデプロイとサポートでの長年の経験に基づいたEDBのベストプラクティスを具体化したものです。

⑨ Lasso 4.11.0 のマニュアルを追加(1月8日)

Lassoレポートは、サポート性チェック、ヘルスチェック、インシデント対応調査など、Postgresまたは関連ツールの既存のインストールに対してEDBによって提供される評価および評価プロセスの最初のステップです。自動化された方法と監視された方法の両方で生成できます。


【更新履歴】

2023年10月〜12月の更新履歴をみる

Postgres Enterprise Manager(PEM)9.4.1(12月26日)

PEMは、EDB Postgres Advanced Server(EPAS)またはPostgreSQLデータベースの管理および分析機能を提供する包括的なデータベース設計および管理システムです。データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、および運用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供します。

EDB Postgres for Kubernetes 1.21.1(12月18日)

EDB Postgres for Kubernetesオペレーターは、 CloudNativePGと共通の主な機能に基づくフォークです。EDB Postgres Advanced Serverを使用したOracleとの互換性、およびIBM PowerやOpenShiftなどの追加サポートされている機能を提供します。EDBによって設計、開発、およびサポートされ、ネイティブストリーミングレプリケーションを使用して、プライマリ/スタンバイアーキテクチャを備えた高可用性Postgresデータベースクラスターをカバーします。

pgAdmin4 8.1(12月18日)

pgAdminは、世界で最も先進的なオープンソースデータベースであるPostgresの主要なオープンソース管理ツールです。初心者と経験豊富なPostgresユーザーの両方のニーズを満たすように設計されており、データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、使用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供します。

EDB Postgres Distributed(PGD)5.3.0(12月11日)

EDB Postgres Distributed(PGD)は、高度な競合管理、データ損失保護、およびネイティブ論理レプリケーションよりも最大5倍高速なスループットを備えたマルチマスター レプリケーションとデータ分散を提供します。 これにより、最大ファイブナイン(99.999%)の高可用性を備えた分散 Postgres クラスターが可能になります。

CloudNativePG 1.21.1(12月11日)

CloudNativePGは、プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されているサポートされている Kubernetesアーキテクチャクラスターで PostgreSQLアーキテクチャ ワークロードを管理するように設計されています。宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOpsの原則と概念に準拠しています。

Migration Portal 4.7.0(12月4日)

Migration Portalは、OracleデータベーススキーマをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)プラットフォームへ移行するためのオンラインツールです。Oracleデータベーススキーマを評価および分析し、タイプ、テーブル、シーケンス、制約、トリガ、ビュー、ストアドプロシージャ、パッケージ、dblink、マテリアライズドビュー、インデックスなどを変換し、EPASと互換性のあるDDLを生成できます。

Trusted Postgres Architect(TPA)23.25.0(12月4日)

TPAは、Ansibleを使用してEDBの推奨に従ってPostgresクラスターをデプロイするオーケストレーションツールです。Postgresのデプロイとサポートでの長年の経験に基づいたEDBのベストプラクティスを具体化したものです。

EDB Postgres Extended Server 16.1.0(12月4日)

EDB Postgres Extended Serverは、オープンソースのコミュニティPostgreSQL上に構築されたPostgresデータベースサーバーディストリビューションです。 PostgreSQLと完全に互換性があります。 PostgreSQLで動作するように作成およびテストされたアプリケーションがある場合、それらはEDB Postgres Extended Serverでも同じように動作します。

EDB Postgres Advanced Server(EPAS)16.1.0(11月27日)

EDB Postgres Advanced Server(EPAS)16は、オープンソースのPostgreSQL 16をベースとし、データベースをより効率的な方法でスケールアップおよびスケールアウトできる多数の機能強化が導入されています。新たなツールおよび機能拡張により、コンプライアンス、パフォーマンス、セキュリティ、Oracle 互換性が更に強化されました。

Migration Portal 4.6.0(11月13日)

Migration Portalは、OracleデータベーススキーマをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)プラットフォームへ移行するためのオンラインツールです。Oracleデータベーススキーマを評価および分析し、タイプ、テーブル、シーケンス、制約、トリガ、ビュー、ストアドプロシージャ、パッケージ、dblink、マテリアライズドビュー、インデックスなどを変換し、EPASと互換性のあるDDLを生成できます。

CloudNativePG 1.21.0(11月6日)

CloudNativePGは、プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されているサポートされている Kubernetesアーキテクチャ クラスターで PostgreSQLアーキテクチャ ワークロードを管理するように設計されています。宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOpsの原則と概念に準拠しています。

EDB Postgres for Kubernetes 1.21.0(10月30日)

EDB Postgres for Kubernetesオペレーターは、 CloudNativePGと共通の主な機能に基づくフォークです。EDB Postgres Advanced Serverを使用したOracleとの互換性、およびIBM PowerやOpenShiftなどの追加サポートされている機能を提供します。EDBによって設計、開発、およびサポートされ、ネイティブストリーミングレプリケーションを使用して、プライマリ/スタンバイアーキテクチャを備えた高可用性Postgresデータベースクラスターをカバーします。

Trusted Postgres Architect(TPA)23.24.0(10月23日)

TPAは、Ansibleを使用してEDBの推奨に従ってPostgresクラスターをデプロイするオーケストレーションツールです。Postgresのデプロイとサポートでの長年の経験に基づいたEDBのベストプラクティスを具体化したものです。

pgAdmin4 7.7(10月16日)

pgAdminは、世界で最も先進的なオープンソースデータベースであるPostgresの主要なオープンソース管理ツールです。初心者と経験豊富なPostgresユーザーの両方のニーズを満たすように設計されており、データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、使用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供します。

Postgres Enterprise Manager(PEM)9.3(10月10日)

PEMは、EDB Postgres Advanced Server(EPAS)またはPostgreSQLデータベースの管理および分析機能を提供する包括的なデータベース設計および管理システムです。データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、および運用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供します。

Migration Tool Kit(MTK)55.6.1(10月2日)

Migration Tool Kitは、移行プロセスをきめ細かく制御できる強力なコマンドラインツールです。データベースオブジェクトとデータをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)またはPostgreSQLデータベースに移行するのに役立ちます。

2023年7月〜9月の更新履歴をみる

Barman 3.8.0(9月25日)

Barman (Backup and Recovery Manager)は、Pythonで記述されたPostgreSQLサーバーのディザスターリカバリー用のオープンソース管理ツールです。これにより、組織はビジネスクリティカルな環境で複数のサーバーのリモートバックアップを実行して、リスクを軽減し、復旧フェーズ中にDBAを支援できます。

Trusted Postgres Architect(TPA)23.22.0(9月19日)

TPAは、Ansibleを使用して、EDBの推奨に従ってPostgresクラスターを展開するオーケストレーションツールです。長年のPostgresのデプロイとサポートで培われたEDBのベストプラクティスを具現化したものです。

pgAdmin4 7.6(9月11日)

pgAdminは、世界で最も先進的なオープンソースデータベースであるPostgresの主要なオープンソース管理ツールです。初心者と経験豊富なPostgresユーザーの両方のニーズを満たすように設計されており、データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、使用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供します。

Patroni 3.1(9月4日)

Patroniは、Pythonを使用した高可用性(HA)PostgreSQLソリューションのテンプレートです。 アクセシビリティを最大限に高めるために、Patroniは ZooKeeper、etcd、Consul、Kubernetesなどのさまざまな分散構成ストアをサポートしています。

Lasso 4.0(9月4日)

Lassoレポートは、サポート性チェック、ヘルスチェック、インシデント対応調査など、Postgresまたは関連ツールの既存のインストールに対してEDBによって提供される評価および評価プロセスの最初のステップです。自動化された方法と監視された方法の両方で生成できます。

Postgres Enterprise Manager(PEM)9.2.2(8月28日)

PEMは、EDB Postgres Advanced Server(EPAS)またはPostgreSQLデータベースの管理および分析機能を提供する包括的なデータベース設計および管理システムです。データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、および運用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供します。

EDB Postgres Distributed(PGD)5.2(8月21日)

EDB Postgres Distributed(PGD)は、高度な競合管理、データ損失保護、およびネイティブ論理レプリケーションよりも最大5倍高速なスループットを備えたマルチマスター レプリケーションとデータ分散を提供します。 これにより、最大ファイブナイン(99.999%)の高可用性を備えた分散 Postgres クラスターが可能になります。

EDB Postgres for Kubernetes 1.20.2(8月14日)

EDB Postgres for Kubernetesオペレーターは、 CloudNativePGと共通の主な機能に基づくフォークです。EDB Postgres Advanced Serverを使用したOracleとの互換性、およびIBM PowerやOpenShiftなどの追加サポートされている機能を提供します。EDBによって設計、開発、およびサポートされ、ネイティブストリーミングレプリケーションを使用して、プライマリ/スタンバイアーキテクチャを備えた高可用性Postgresデータベースクラスターをカバーします。

Trusted Postgres Architect(TPA)23.20.0(8月14日)

TPAは、Ansibleを使用してEDBの推奨に従ってPostgresクラスターをデプロイするオーケストレーションツールです。Postgresのデプロイとサポートでの長年の経験に基づいたEDBのベストプラクティスを具体化したものです。

CloudNativePG 1.20.2(8月7日)

プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されているサポートされている Kubernetesアーキテクチャ クラスターで PostgreSQLアーキテクチャ ワークロードを管理するように設計されています。 CloudNativePGは、宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOpsの原則と概念に準拠しています。

Migration Portal 4.5.1(7月31日)

Migration Portalは、OracleデータベーススキーマをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)プラットフォームへ移行するためのオンラインツールです。Oracleデータベーススキーマを評価および分析し、タイプ、テーブル、シーケンス、制約、トリガ、ビュー、ストアドプロシージャ、パッケージ、dblink、マテリアライズドビュー、インデックスなどを変換し、EPASと互換性のあるDDLを生成できます。

EDB Failover Manager(EFM)4.7(7月24日)

Failover Manager(EFM)は、Postgresデータベースクラスターを管理するためのツールであり、ストリーミングレプリケーションを使用してプライマリ-スタンバイ アーキテクチャの高可用性を実現します。ソフトウェアまたはハードウェアに障害が発生した場合に、Postgresプライマリデータベースノードからスタンバイデータベースノードへの自動フェイルオーバーを提供します。PostgreSQLまたはEDB Postgres Advanced ServerでFailover Managerを使用できます。

EDB Wait States 1.0(7月24日)

EDB Wait Statesは、待機イベントデータの収集と照会を許可することにより、パフォーマンスとチューニングを分析するためのツールです。待機イベントをサンプリングする時期と期間を制御し、収集したサンプルをさらに分析できます。このデータを長期にわたって収集することにより、最適化の機会を発見し、パフォーマンスが予想よりも低いときにセッションが待機しているリソースに関する洞察を得ることができます。

EDB PgBouncer 1.19.0.0(7月18日)

EDB PgBouncerは、オープンソースのPgBouncerプロジェクトに基づいた、PostgresおよびEDB Postgres Advanced Serverインストール用の軽量な接続プーリングユーティリティです。クライアントアプリケーションがPostgresサーバーに接続すると、接続をネゴシエートしますが、時間がかかります。PgBouncerは、サーバーへの事前確立された接続のプールを維持することにより、時間を節約します。

Trusted Postgres Architect 23.19.0(7月18日)

TPAは、Ansibleを使用してEDBの推奨に従ってPostgresクラスターをデプロイするオーケストレーションツールです。Postgresのデプロイとサポートでの長年の経験に基づいたEDBのベストプラクティスを具体化したものです。

EDB Postgres for Kubernetes 1.20.1(7月10日)

EDB Postgres for Kubernetesオペレーターは、 CloudNativePGと共通の主な機能に基づくフォークです。 EDB Postgres Advanced Serverを使用したOracleとの互換性、およびIBM PowerやOpenShiftなどの追加サポートされている機能を提供します。 EDBによって設計、開発、およびサポートされ、ネイティブストリーミングレプリケーションを使用して、プライマリ/スタンバイアーキテクチャを備えた高可用性Postgresデータベースクラスターをカバーします。

CloudNativePG 1.20.1(7月3日)

プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されているサポートされている Kubernetesアーキテクチャ クラスターで PostgreSQLアーキテクチャ ワークロードを管理するように設計されています。 CloudNativePGは、宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOpsの原則と概念に準拠しています。

2023年4月〜6月の更新履歴をみる

EDB Postgres Extended Server 15.3.0(6月26日)

EDB Postgres Extended Serverは、オープンソースのコミュニティPostgreSQL上に構築されたPostgresデータベースサーバーディストリビューションです。 PostgreSQLと完全に互換性があります。 PostgreSQLで動作するように作成およびテストされたアプリケーションがある場合、それらはEDB Postgres Extended Serverでも同じように動作します。

pgAdmin4 7.3(6月19日)

pgAdmin は、世界で最も先進的なオープンソースデータベースである Postgres のオープンソース管理ツールです。初心者と経験豊富な Postgres ユーザーの両方のニーズを満たすように設計されており、データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、使用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供します。

EDB Query Advisor 1.0.0(6月13日)

EDB Query Advisorは、 WHEREステートメント、 JOIN 句、およびワークロードクエリで見つかった述語に関する統計を保持することにより、インデックスの推奨事項を提供するPostgresの拡張機能です。仮想インデックスでクエリを再計画することにより、実際のワークロードクエリに対する費用対効果を分析します。仮想インデックスは、ワークロードクエリから収集された述語に基づいて作成されます。

LiveCompare 2.5.0(6月13日)

LiveCompareは、任意の数のデータベースを比較して、それらが同一であることを確認するように設計されています。このツールは任意の数のデータベースを比較し、比較レポート、違いのリスト、および便利なDMLスクリプトを生成するため、ユーザーはオプションでDMLを適用し、任意のデータベースの不整合を修正できます。

EDB Postgres Distributed(PGD)5.1(6月5日)

EDB Postgres Distributed(PGD)は、高度な競合管理、データ損失保護、およびネイティブ論理レプリケーションよりも最大5倍高速なスループットを備えたマルチマスター レプリケーションとデータ分散を提供します。 これにより、最大ファイブナイン(99.999%)の高可用性を備えた分散 Postgres クラスターが可能になります。

Trusted Postgres Architect(TPA)23.18.0(6月5日)

TPAは、Ansibleを使用して、EDBの推奨に従ってPostgresクラスタを展開するオーケストレーションツールです。Postgres のデプロイとサポートに関する長年の経験から得た、EDB のベストプラクティスを具現化したものです。

Migration Portal 4.5(5月29日)

Migration Portalは、OracleデータベーススキーマをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)プラットフォームへ移行するためのオンラインツールです。Oracleデータベーススキーマを評価および分析し、タイプ、テーブル、シーケンス、制約、トリガ、ビュー、ストアドプロシージャ、パッケージ、dblink、マテリアライズドビュー、インデックスなどを変換し、EPASと互換性のあるDDLを生成できます。

Migration Tool Kit 55.6.0(5月29日)

Migration Tool Kitは、移行プロセスをきめ細かく制御できる強力なコマンドラインツールです。データベースオブジェクトとデータをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)またはPostgreSQLデータベースに移行するのに役立ちます。

EDB Postgres for Kubernetes 1.20.0(5月22日)

EDB Postgres for Kubernetes オペレータは、CloudNativePGをベースにフォークしたものです。EDB Postgres Advanced Server(EPAS)を使用したOracleとの互換性や、IBM PowerやOpenShiftなどの対応プラットフォームの追加など、付加価値を提供します。

CloudNativePG 1.20.0(5月15日)

CloudNativePG は、プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されている任意の Kubernetes クラスターで PostgreSQL ワークロードを管理するように設計されたオープン ソース オペレーターです。 CloudNativePG は、宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOps の原則と概念に準拠しています。

Barman 3.5.0(5月9日)

Barman (Backup and Recovery Manager)は、Pythonで記述されたPostgreSQLサーバーのディザスターリカバリー用のオープンソース管理ツールです。これにより、組織はビジネスクリティカルな環境で複数のサーバーのリモートバックアップを実行して、リスクを軽減し、復旧フェーズ中にDBAを支援できます。

EDB ODBC Connector 13.2.0.02(5月2日)

ODBC(Open Database Connectivity)は、クライアントアプリケーションがODBCドライバーを提供するデータベースに接続できるようにするプログラミングインターフェイスです。 EDB ODBC Connectorは、ODBC準拠のクライアントアプリケーションがEDB Postgres Advanced Server(EPAS)データベースに接続できるようにするインターフェイスです。

EDB PgBouncer 1.18.0.0(4月25日)

クライアントアプリケーションがPostgresサーバーに接続すると、接続をネゴシエートしますが、時間がかかります。 PgBouncerはオープンソースのPgBouncerプロジェクトに基づいた、PostgresおよびEDB Postgres Advanced Server(EPAS)インストール用の軽量な接続プーリングユーティリティで、サーバーへの事前確立された接続のプールを維持することにより、時間を節約します。

pgAdmin4 7.0(4月17日)

pgAdmin は、世界で最も先進的なオープンソースデータベースである Postgres のオープンソース管理ツールです。初心者と経験豊富な Postgres ユーザーの両方のニーズを満たすように設計されており、データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、使用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェイスを提供します。

Patroni 3.0.2(4月10日)

Patroniは、Postgresクラスターのレプリケーションとフェイルオーバーを管理するための最も一般的なオープンソースツールの1つです。 Postgresのストリーミングレプリケーションとホットスタンバイ機能に依存しています。これらの機能により、DBAは、高可用性と読み取りスケーラビリティの要件があるクラスターのセットアップと管理のプロセスを簡素化できます。

pglogical 2.4.1(4月10日)

pglogical 2 拡張機能は、パブリッシュ/サブスクライブ モデルを使用して、PostgreSQL の論理ストリーミングレプリケーションを提供します。 EDB Postgres Distributed(PGD)の一部として開発された技術に基づいています。

PG Failover Slots 1.0.0(4月10日)

PG フェイルオーバー スロット (pg_failover_slots) は、論理レプリケーション スロットを物理フェイルオーバー全体で実際に使用できるようにする拡張機能です。

EDB Postgres for Kubernetes(4月3日)

EDB Postgres for Kubernetes オペレータは、CloudNativePGをベースにフォークしたものです。EDB Postgres Advanced Serverを使用したOracleとの互換性や、IBM PowerやOpenShiftなどの対応プラットフォームの追加など、付加価値を提供します。

2023年1月〜3月の更新履歴をみる

CloudNativePG 1.19.1(3月27日)

CloudNativePG は、プライベート、パブリック、ハイブリッド、またはマルチクラウド環境で実行されている、サポートされている任意の Kubernetes クラスターで PostgreSQL ワークロードを管理するように設計されたオープン ソース オペレーターです。 CloudNativePG は、宣言的な構成や不変のインフラストラクチャなど、DevOps の原則と概念に準拠しています。

PEM 9.1(3月20日)

Postgres Enterprise Manager(PEM)は、EDB Postgres Advanced Server(EPAS)またはPostgreSQLデータベースの管理および分析機能を提供する包括的なデータベース設計および管理システムです。Postgresの初心者と経験者の両方のニーズを満たすように設計されており、データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、および運用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェースを提供。PEMは、オープンソースのpgAdmin 4プロジェクトをベースにしています。

EDB Postgres Distributed(PGD)5.0(3月14日)

EDB Postgres Distributed(PGD)は、高度な競合管理、データ損失保護、およびネイティブ論理レプリケーションよりも最大5倍速いスループットを備えたマルチマスター レプリケーションとデータ分散を提供し、最大ファイブナイン(99.999%)の高可用性を備えた分散PostgreSQLクラスターを有効にします。

Migration Portal 4.4(3月13日)

Migration Portalは、OracleデータベーススキーマをEDB Postgres Advanced Server(EPAS)プラットフォームへ移行するためのオンラインツールです。Oracleデータベーススキーマを評価および分析し、タイプ、テーブル、シーケンス、制約、トリガ、ビュー、ストアドプロシージャ、パッケージ、dblink、マテリアライズドビュー、インデックスなどを変換し、EPASと互換性のあるDDLを生成できます。

Trusted Postgres Architect(TPA)23.14.0(3月13日)

Trusted Postgres Architect(TPA)は、Ansibleを使用して、EDBの勧告に従ってPostgresクラスタを構築するオーケストレーションツールです。EDBのベストプラクティスを体現しており、様々なシナリオでPostgresと関連コンポーネントをデプロイした長年の経験に基づいています。

EPAS 15.2(3月7日)

EDB Postgres Advanced Server(EPAS)は、オープンソースのPostgreSQLデータベースに拡張機能を追加し、データベース管理、拡張SQL機能、データベースとアプリケーションのセキュリティ、パフォーマンスの監視と分析、およびアプリケーション開発ユーティリティなどをサポートします。EPAS専用の機能について解説するガイドに加え、オラクル互換性に関するマニュアルを追加いたしました。

TDE 15.2(2月20日)

透過的データ暗号化(TDE)は、高可用性を備えたEDB Postgres Advanced ServerおよびEDB Postgres Extended Serverのバージョン15でサポートされているオプション機能です。データベースシステムに保存されているユーザーデータを暗号化します。ユーザーデータには、オブジェクトの名前などのシステムカタログデータだけでなく、テーブルやその他のオブジェクトに格納されている実際のデータが含まれます。

Barman 3.4.0(2月13日)

Barman (Backup and Recovery Manager)は、Pythonで記述されたPostgreSQLサーバーのディザスターリカバリー用のオープンソース管理ツールです。これにより、組織はビジネス クリティカルな環境で複数のサーバーのリモート バックアップを実行して、復旧フェーズ中にリスクを軽減し、DBA を支援できます。

MongoDB Foreign Data Wrapper 5.2.3(2月6日)

MongoDB Foreign Data Wrapperは、 EDB Postgres Advanced ServerからMongoDBデータベースにあるデータにアクセスできるようにするPostgresの拡張機能です。Postgresの関数とユーティリティ、またはPostgresホストにある他のデータで使用できる書き込み可能な外部データラッパーです。

MySQL Foreign Data Wrapper 2.9.0(1月30日)

MySQL Foreign Data Wrapperは、MySQLデータベースにあるデータにEDB Postgres Advanced ServerからアクセスできるようにするPostgres拡張機能です。Postgresの関数とユーティリティ、またはPostgresホストにある他のデータで使用できる書き込み可能な外部データラッパーです。

Hadoop Foreign Data Wrapper 2.3.0(1月23日)

Hadoop Foreign Data Wrapper は、HadoopファイルシステムにあるデータにEDB Postgres Advanced ServerからアクセスできるようにするPostgresの拡張機能です。外部データラッパーにより、Hadoopファイルシステムは、Postgresの機能とユーティリティ、またはPostgresホストにある他のデータで使用できる読み取り専用データソースになります。

pgAdmin4 6.19.0(1月16日)

pgAdminは、世界で最も先進的なオープンソースデータベースであるPostgresの主要なオープンソース管理ツールです。pgAdmin4は、初心者と経験豊富なPostgresユーザーの両方のニーズを満たすように設計されており、データベースオブジェクトの作成、メンテナンス、使用を簡素化する強力なグラフィカルインターフェイスを提供します。

pgBackRest 2.40.0(1月10日)

pgBackRestは、PostgreSQLデータベースのディザスターリカバリーソリューションを実装できるようにすることを目的とした使いやすいバックアップと復元ツールです。v2.40 は現在の安定版リリースです。EDBはこのオープンソースソフトウェアでコミュニティと協力しています。このドキュメントに示されているユースケースはすべて、 EDB Postgres Advanced Server(EPAS)によって完全にテストおよびサポートされています。

2022年10月〜12月の更新履歴をみる

【ブログアーカイブ】これまでのブログ記事はこちら